【ヒルトン大阪】JR大阪駅向かいで立地が良すぎる!デラックスルーム宿泊レビュー

一時帰国

大阪もたくさんの素敵なホテルがあり、まだまだ増えるようですがホテル選びに苦戦しますね。。。

ステイケーション利用ではなく、関西空港までの中継地点としての利用目的にしていたので、何よりも立地重視。

翌日電車かバスで関空へ行くため、好立地で一時帰国最後の楽しみとしてヒルトン大阪に宿泊しました。

ヒルトン大阪 

JR大阪駅を出てすぐ真正面にあるので迷子になりようもありません。 

雨が降っていれば、地下道もあるので濡れる心配もなし。 ただし、梅田の地下道は大阪人以外が行くと迷子になってしまう可能性もあるほど複雑な迷路と言われているほどなので、地元民で無ければ地上を歩くことをオススメします。

JR大阪駅の「桜橋口」を出て大丸の方へ向かって歩いて駅から出ます。

外に出ればすぐに正面右手に見えます。

横断歩道を渡ってすぐ右へ向かって歩いていると、左側に回転扉があります。 ヒルトンプラザイーストの入口ですがそのまま回転扉から中へ入り、そのまままっすぐ進めばヒルトン大阪のロビーへつながっています。

楽天トラベルで料金をチェック

フロント

フロントとロビーラウンジの席。

フロント前のソファ・チェアはロビーラウンジ利用客が利用できるので、チェックイン・アウト待ちでは座らないようにしましょう。

フロントスタッフはとても親切でした!

デラックス ツイン

大人2名+子供2人(7歳・4歳)で1室利用。

子供の寝相が悪いのでツインで予約しましたが、到着時にはすでにハリウッドツインスタイルにしていただけていました。 

窓からは向かいにある丸ビルが見えるのであまりいい眺めではないですが、角度によってはいい眺めも見れます。 

あとから気づいたので写真がキレイではありませんが、ベッドの下に収納タイプのエキストラベッドがありましたので、子供たちが上がりやすい高さでゴロゴロして気に入っておりました。

設備

ブランドロゴが入ってない、普通のいろはす。こちらは無料です。

外国人ゲストが多いので、プラグがインターナショナルプラグになっているのは有難いですね!

ベッドサイドにもプラグ類はあります。

バスルーム

デラックスルームはバスタブが付いています。扉で仕切られているのでトイレが濡れずにすみます。 シャワー水圧はまあまあといったところでしょうか。

アメニティはKOSEのパウチタイプの洗顔・化粧水・乳液が用意されていました! メイク落としはないのでお忘れなく。

子供用の歯ブラシがアメニティで用意してくれていましたが、懐かしのMr.Friendlyで母はテンション上がってしまいましたwww

周辺情報

大阪梅田のど真ん中です。 ホテルを出れば何でもありますので何も困ることはありません。

リニューアルオープンした阪神百貨店には徒歩2分もあれば行けますので、デパ地下でご飯を買ってお部屋で食べるのもいいですよ!。 大丸・阪急も地下道を使えば楽に行けてしまいます。

時間帯が限定されますが、空港バスもヒルトンホテルに停まりますし、メインエントランスを出て左手には伊丹空港行きのリムジンバスのバス停もあります。 ヒルトンプラザEASTから出て信号を渡ってヒルトンWESTへ行けば、関空行きのリムジンバスのりばがあります。

JR大阪から関空にも関空快速を使えば乗り換えなしで約1時間で着きます。 バスより少し値段が安いのでラッシュの時間帯でなければ電車利用がオススメです。

朝食

2階にあるFOLK KITCHENで朝食がいただけます。

窓際の席が人気なので、席に案内されるときに窓際をリクエストすれば空いてると案内してくれますので、勝手に入って席は取らないようにしましょう。

ビジネスマンが多く8時~混んでくるようです。

シリアル類

和食

和食とサラダ類

ミルク類 青汁もあり

パン類

オムレツなどシェフが作ってくれます

暖かいお料理

ジュース・お水類

種類が特別多いわけではないですが、どれも美味しかったです。

毎日あるわけではないかとおもいますが、パンプキンスープが美味しかった! マレーシアでは出会えない生クリーム使ったタイプ。

料理のネームタグの左上に小さくアレルギー食材のイラストが付いていましたので、配慮されているなと感じました。 

まとめ

大阪駅周辺はホテル激戦区で正直日本のホテルならもう少しリーズナブルなホテルでも満足感はあるかとは思います。

でも、ここのヒルトンは高級ビジネスホテルといった感じでいつも外国人のゲストが多く、日本だけど少し異国感が味わえて昔から気に入っています。

何度も宿泊したことがありますが、やはり満足感は高いのでオススメです!

タイトルとURLをコピーしました