チャンギ国際空港(シンガポール)で乗り継ぎ・空港泊レビュー!長時間・深夜でも楽しめる?! 

一時帰国

シンガポールにあるチャンギ国際空港に日本帰国の時に乗り継ぎで初めて利用しました。

利用した航空会社はチャンギ空港拠点でシンガポール航空の子会社で格安航空会社のSCOOT。

子供2人を連れ3人での空港泊は果たしてそういったものだったのか!?レビューしたいとおもいます!(チャンギ空港に滞在したのは深夜帯ですので、寝る事前提で書いてます)

チャンギ国際空港

シンガポールのチャンギ国際空港は過去に世界の空港ランキングで何度も1位になるほどキレイで快適な空港です。 

ターミナルも1~4まである、アジアのハブ空港。ターミナル1・2・3は空港内のスカイトレインで移動可能(徒歩でもOK) ターミナル4はバスで移動。

夜到着でも24時間オープンのフードコートがあったり、免税店も一部開いていて明るく活気はあります。セブンイレブンがあるので便利です。

トランジットエリアにあるエレベーターORエスカレーターで2階にあがれば、エアラインのラウンジ・プレミアムラウンジ・トランジットホテルがあり、無料の仮眠スペースやたくさんの椅子やソファが備え付けられているので、空港泊でも快適にすごせます。

Scootはターミナル1に発着なので、ターミナル1で空港泊したレビューになります。

ターミナル1

私が利用したScootの発着はターミナル1です。

ターミナル1だけでも広くてウロウロしているだけでなかなかの運動量になります。

ターミナル1のトランジットエリアのMAP

チャンギ空港に到着したら・・・

ターミナル1に到着したら利用するゲートはCDのどちらかです。

チャンギ国際空港のHPのMAP

ゲートを出たらARRIVALの方へ進みましょう。

ゲートDに到着したのでスタバ方面へ

ゲートDに着いたらArrivalの方へ歩いていくとStarbacksが、ゲートCに着いたらArrivalの方へ歩いていくとPAULが見えてきます。

このStarbacksPAULがTransitエリアの端と端というのを目印に覚えておくと迷わなくてすみます。

上のMAPのTransitといのが、免税店やレストラン、ラウンジなどが集まったエリアです。

このTransitエリアで出発まで時間をつぶすことになりますので、到着後はここまできましょう。

寝れそうな場所を探そう!

23:00に到着したのと4歳と7歳の子供連れなので、安全そうで子供たちが寝やすそうな場所を探すのにTransitエリアを彷徨っていました。

結論から言うと、LEVEL 2にゆっくり休めそうなところはない。

LEVEL2にはハイブランドやコスメなどの免税店とレストランなどばかり。 イミグレーションの向かいにCentral Piazzaという広場のようなところにソファなどありますが、ここは競争率が激しそうですし、人通りが多くてゆっくりできる感じではありませんでした。

なので、LEVEL 3で探しましょう。

MAPを見ていると、PAULの裏手ぐらいにREST AREAと記載がありました。 LEVEL2でも休めれるかも。。。 (私は見逃してたので未確認ですが・・・)

人気なのは24時間オープンのフードコートの前にある、REST AREA。 足を伸ばして座れるチェアが並んでいて証明も暗めにしているので仮眠をとるには最適なエリア。

その分競争率は高めで、私が行ったころにはすでにいっぱいで、周りの床に寝ている人たちもたくさん!

空いてないのもあったが、フードコートが周りにあるので少しガヤガヤしていたので、ここで寝るのはやめ次の場所へ。

REST AREAの周りのオレンジ色が24時間フードコート・レストラン 

寝床が決定!

空港内を子供を連れてウロウロ寝床探しにも体力の限界が近づいてきたので、さっさと寝るとこを決めました。

静かでソファも大きめでゆっくりするのにはちょうど良かった場所なので、ご紹介しましょう! 

行き方

MAP上には何も書いてないところなんですが、テキトーに上がって行ったらありました。 

ゲートDに到着したので、スタバ側から歩いて行ってイミグレーションの向かいの中央の広場を通り過ぎて右手にあるエスカレーターを上がります。

イミグレーション前の広場
このエスカレーターを上がって行く

エスカレーターをあがると・・・

じゃじゃーん。

寝づらそうですが、みんな工夫して寝ています。

ほぼみんな寝てます 笑

ソファの数もありますし、充電プラグもあるので時間つぶしOK!

証明は明るいですけど、かなり静かです。 エスカレーターを上ったすぐのところにフライトインフォメーションボードもあるので、搭乗ゲートの確認もできますよ。

ここは壁向かいなので、周りの人を気にせず休めた。 場所はちょうどMANGO KITCHEN の上あたり。写真右上はLEVEL2のレストランエリア

私の寝床です!

このチェアは1人用ですが、少し横長なので座りやすかったです。 小さい子供2人座れるサイズ感。

このエリアの椅子やソファは床に固定されているので移動できませんので、くっつけてベッドみたいにはできませんからご注意を。

なので、ぐっすり熟睡というわけにはいきませんがゆっくりするのにはいいですよ。

最初は椅子にゴロンとしてましたが、寝にくいと言って床で寝た我が家の子供たち。

レジャーシートが活躍しました! 

オススメの持ち物
レジャーシート、アイマスク、薄手のブランケット、厚手のジャケット

この柱の上にエアコンのリモコンみたいなのがついてて、設定温度が25℃になっていました。 歩いていたら暑いくらいですが、ここで4時間じっとしていたら冷えてきました。

貴重品の管理には十分気を付けてください。 割と携帯を充電してテーブルに置いたまま爆睡していた人もいましたが・・・

トランジットホテル

ターミナル1にはAerotelというトランジットエリア内にホテルがあります。

このホテルの予約はいつもいっぱいで、私は往路では宿泊できず、復路の時に利用ができました。

しいて言うならば、このホテルの予約が取れた日に合わせて帰る日を決めたのです。 往路のトランジット7時間はなんとか行けましたが、復路の12時間は日本からの6時間フライトの後なのでホテル優先にしたわけです。(子連れには厳しい・・・)

ホテル前

ホテルのフロント前の広いこのエリアはホテル宿泊者のみが利用できるエリアですので、ここを寝床にすることはできません。

そふぃあ
そふぃあ

エスカレーターで上がった瞬間に「ホテルの予約はありますか?」とスタッフに聞かれます。

予約してない人は速やかにエスカレーターで降りて行ってました。

バタフライガーデンに行ってみた

空港で寝たのは往路の時で、復路はトランジットホテルに宿泊。 しかし、トランジットホテルは時間利用なのでチェックアウトしてから出発までの時間かなりあったので、こどもが喜びそうなバタフライガーデンへいってみました。

スカイトレインに乗ってターミナル3へ

トランジットホテル前のエスカレーターを降りてすぐのところにスカイトレインの乗り場があります。

スカイトレインはだいたい5分間隔ほどで来ます。 時間帯によっては人が多くて乗れないこともありますので、その時は徒歩でターミナル3へ移動しましょう。(約10分ほどで着きます)

スカイトレインから見えるJEWEL
スカイトレインに乗れなかったので徒歩移動

JEWELはシンガポールに入国しないといけません。 ザンネン・・・

スカイトレインから降りてターミナル3のTransitエリアに向かって歩いてすぐのところにバタフライガーデンがあります。

バタフライガーデンはここから入ります
バタフライガーデン入口

左上の写真の案内板にはバタフライガーデンはエスカレーターで上に上がれ。みたいに見えますよね。

でも、入口は上にも下にもあるので別に上に行かなくてもOK。

ここは空港か?! 蝶々がいっぱい!

小さな滝もありちょっとしたジャングルみたいなエリアにたくさんの蝶々が飛んでいます!

ここは空港か?と思うような空間ですが、フェンス越しには飛行機も見えエンジン音も聞こえる。

すごい数の蝶々が飛んでいて捕まえたくなるのですが、捕まえないでくださいね。

種類も多いし、お花やカットしたパイナップルを置いているのでそこに蝶々が集まってくれるのでじっくり観察することができます。

おもしろかったのが青虫からさなぎになって成虫になる過程がわかるエリアがあって子供たちは興味深々でした。

子供だけでなく大人も楽しめるエリアです。 ちょっとした暇つぶしにオススメです! 

まとめ

さすがシンガポール! やっぱりキレイ! (マレーシアから行くとかなりキレイに思える 笑)

事前準備さえしっかりしておけばトランジットホテルに泊まらなくても十分快適に過ごせるチャンギ空港です。 

ダメ元でREST Chair を狙うもよし、レストランで過ごすも良し、私の利用したエリアで休むも良し。

日中の乗り継ぎであればシンガポール市内観光にも行けますし、いろんなことが楽しめますよ! 

タイトルとURLをコピーしました