蚊対策を侮るな! マレーシアではデング熱になる危険性あり!

トラブル

マレーシアで生活するといろんな虫が出るって聞くけど。。。

そふぃあ
そふぃあ

ゴキブリ対策がすごく騒がれていますね。 あと、アリ対策も。

ゴキブリとか無理すぎる。。。

そふぃあ
そふぃあ

でも、1番気を付けないといけないのは、「蚊」

蚊によって媒介されるデング熱という病気にかかることもありますよ!

ヘタすると死ぬこともある怖い病気です。

蚊対策を侮るな!

ゴキブリが好きな人なんていませんよね。

特に女性にとってはゴキブリが出てきたらパニックになる人も多いでしょう。 なので、日本からゴキブリ対策グッズを大量に持ち込むなんて人も多いはず。

しかし、ゴキブリは出てきて気分のいいものではないですが、人間に害を及ぼすようなことはないはず。

ゴキブリが出るより、蚊を見たほうがゾッとするくらいの感覚でいなければマレーシア生活はとても危険です。

デング熱はつらい。。。

では、なぜ蚊に気を付けなければならないのでしょうか。

それはデング熱にかかる可能性があるからです!

デング熱でひどい場合はデング出血熱になり死に至ることもあります。

実際、マレーシア在住日本人女性が過去にデング熱でお亡くなりになったニュースがありました。

筆者もマレーシア移住して半年後にデング熱にかかり、3日間入院した経験があります。

デング熱の予防は?

残念ながら2022年現在、デング熱の特効薬もワクチンもないのが現状です。

デング熱に罹らないようにするには、蚊に刺されないこと これしかないのです。

しかし、これがほんとに難しい。 マレーシアの気候は過ごしやすくて快適なのは、人間も蚊も同じなのです。

年中無休で蚊の対策を続けなければならないのはゴキブリ対策なんかより大変なのです。

マレーシアでできる蚊対策とは?

マレーシアではデング熱の注意喚起のCMや横断幕をよく見かけます。 それだけ、マレーシア国内での感染者は多く、問題視されています。

時々、お住まいの地域やコンドミニアムで白い煙があがることがあります。 火事ではなく、デング熱対策の1つで蚊の殺虫剤を散布することがあります。 

では、個人ができる対策はなんでしょう。

殺虫剤を常備

マレーシアにもフマキラーがあります。 日本のフマキラーとは少し違いますが、日本人なら手が出しやすいでしょう。

フマキラー ベープ ワンプッシュV 

部屋に1プッシュすると、蚊がポトッと落ちています。 

部屋の窓を閉めてからスプレーして、数分おいておくと効果的。 シトラスのにおいで臭くないのが良き。

30日、60日、90日用がありますが、ここは迷わず90日用を。

1部屋1プッシュするので30日用はすぐになくなってしまいますよ。

Shopeeで購入する

長袖、長ズボンで肌の露出を最小限に。

常夏のマレーシアで長袖はつらいです。 屋外では無理しないほうがいいですね。

ただ、長ズボンなら問題ないはず。 特に男の子の服は半ズボンが多いですが、外出するときは長ズボンをはかせましょう。

蚊よけスプレーはかかさずに!

外出するときは蚊よけスプレーを忘れずにしましょう。 玄関先に置いておくなどして忘れずに塗布し、携帯用も持ち歩き蚊が多そうな場所では再度塗布するようにしましょう。

フマキラー スキンベープ 

こちらは日本のスキンベープとは違ってイカリジンが配合されていますので、子供でも安心して使えます。 

日本からわざわざ持ってくる必要はありませんが、取り扱い店がみつけられないことも考慮して、日本から1つは持ってきておくといいでしょう。

Shopeeで購入

網戸をつけよう

コンドミニアムのオーナーに事前に網戸をつけてほしいと交渉してみましょう。

設置してくれないかもしれませんが、ダメ元で。

設置してくれなければ、マレーシアのホームセンターやオンラインで網戸を購入して、自分で設置してみましょう。 

日本と違って窓枠に張り付けるタイプの網戸なので、DIYでできます。

ウェットキッチンやランドリースペースなどのドアの部分にはカーテンタイプの網戸を設置しておけば、ドアを開けて風の通りがよくなるので快適に過ごせます。

両面テープの粘着力が弱い場合は木材で木枠を作って設置すれば、退去時ラクですね。

木材はShopee やLAZADAなどのオンラインで購入できます。

蚊が繁殖するような環境をつくらない

これがものすごく大事なんです。

おうちの観葉植物の水の受け皿に水がたまったままになっていませんか? 

ガーデニングをしている人も要注意ですし、バルコニーのある家も水がたまらないように掃除しておく必要があります。

ご近所の人がデング熱になった場合、マレーシアの保健相の人が蚊の発生源はどこか調べるので、近所の家庭に訪問しチェックしに来ます。 

もし、蚊の発生源になるような環境であれば罰金を支払うことになります。

我が家にも過去1度保健相のチェックが入りました。 上の階の方がデング熱になったからです。

足の裏を除菌シートで拭く

コロナのせいで除菌シートを持ってないという人は少ないはず。

手持ちの除菌シートで足裏を拭くと蚊に刺されにくいという効果があるとか、ないとか。

簡単にできる蚊よけ対策としてやっておくに越したことはないです。

さいごに。。。

蚊よけ対策は簡単ですが持続させるのが大変です。

油断したときにはすでに刺されていますよね。 1年中蚊に気を付けて生活しなければなりません。

特に小さなお子さんがいる方はさらに注意が必要です。 

デング熱は日本人にはあまりなじみのない病気ですが、マレーシアでデング熱に罹る日本人は多いですので甘くみないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました