【マレー系マレーシア人と国際結婚】マレー系でなくてもマレーシア人と結婚するならHIV検査が必須

国際結婚

マレーシア人は結婚前にHIV検査をしなくてはなりません。

これは、マレー系だけではなく、他の民族にも推奨されています

なんで検査しなといけないの? 陽性だったら?!

これから家族になる人がもしHIVだとしても、本人たちが分かった上で結婚するのであれば問題なくできます。 恐らく、事前に知る事で色々な選択ができるようにするためではないかとおもいます。

ここからは、私の体験談とともに検査の内容をお伝えします。

どこで検査するの?

日本でHIV検査はしたことなかったので、とにかく緊張しました。

日本だと匿名で検査するそうですが、マレーシアでは全く普通の検査を受けるのと同じ感じです。結婚するための義務なんで、いちいち匿名とかでやってられないのでしょう。

場所は政府認定の病院で検査をします。婚姻関係の役所のHPに病院のリストがあるので、婚約者の方に調べてもらってくださいね。

ただ、認定病院以外でも検査は可能です。

そふぃあ
そふぃあ

病院に行ったら検査キットがないからできへんっていわれて、仕事の休みの都合で仕方なく認定病院以外でのところでしたら、検査費用無駄にかっかたわ。。。

費用は?

国立病院でマレーシア人が利用するとRM 1 で、外国人はRM30と激安。 

別のクリニックで受けたときは、1人 RM40 かかりました。(病院によって値段は異なる場合があります)

検査結果が出たら、検査証明書に認定病院の医師のサインをもらわなければなりません。その時もRM15支払いました。(マレーシア人はRM 1)

ただし、私の場合は他のクリニックで検査を受けたので上記のサインをもらうための料金を払いましたが、国立病院でした場合には恐らく不要だと思われます。

国立病院は英語の話せる人が少ないので、婚約者と一緒に行くようにしましょう。

あと、待ち時間がすごく長いですし、人も多いのですよ。

その点、私立のクリニックはキレイで待ち時間も短く英語も通じやすい(場所にもよるけど)

値段を取るか、少し手間はかかるが快適さをとるかはあなた次第。

検査

検査は血液検査のみで簡単です。

検査結果はすぐには出ないので、結果がでれば電話連絡がありました。

その後検査結果の用紙を受け取りに病院へ訪問します。

検査結果は代理人が受け取ることはできませんので、必ず婚約者と一緒に行くようにしてください。

特に複雑な行程ではないので、簡単にはできますが時間がかかるので、余裕がある時にすませておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました