【マレー系マレーシア人と国際結婚】日本大使館で日本の婚姻届を提出、必要書類の日本語訳は自分で作成しよう

国際結婚

遂に、国際結婚の最終手続きです。

日本大使館で婚姻届を出すなんて簡単ね( ^ω^ )

なんて思った人。それはきっと中華系・インド系マレーシア人と結婚する人。(たぶん、、、)

用意する物

日本人の用意する物とマレーシア人の用意する物が違います。

在マレーシア 日本大使館のHPで確認しましょう。

注目すべきは、イスラム入信カードと婚姻証明書の日本語訳

イスラム式婚姻でないマレーシア人の婚姻証明書には大使館が作成したフォーマットがあるのに、イスラム式にはないのです。 イスラム国家なのに!

これは、婚姻証明書の書体が地域によって違うようで、統一されていない為といわれました。 なので、自分でWardなどで作成しなければなりません。

これが本当に大変でした。

これは実際私が作成した物で、名前などは消してます。

KLで婚姻証明書を発行したので、同じフォーマットの方は参考にしてください。

イスラム入信カードのフォーマットも大使館には用意されてないので自分で作成します。

名前の横には(フリガナ)をかいておきましょう。入信カードは裏にも記載されているので、裏面の翻訳も必要です。

もし内容に不備が有ればメールで訂正したものを送れば大丈夫なので、保存しておきましょう。

婚姻届の書き方のポイント

家で書かずに大使館で書く

間違いなく失敗しますし、わからないことが出てきます。それぐらい、細かい規定があるので家で書くだけ無駄です。

大使館職員にもそう言われるので、大使館で書きましょう。

マレー系マレーシア人には氏がない

マレー系マレーシア人の名前は、男性なら ☆☆☆ bin 〇〇〇、女性なら☆☆☆ binti 〇〇〇 となり、☆☆☆ はそれぞれの名前、 bin 〜の息子、binti は〜の娘、〇〇〇は父親の名前です。

☆☆☆ bin 〇〇〇 なら、〇〇〇の息子☆☆☆ となるので、苗字がありません。

日本人には 「氏」と「名」があるので、マレーシア人の氏名の記入欄には「氏」を消してbinまたはbintiを含むフルネームを記入します。

マレーシアの住所の日本語訳

なぜ、現地の住所を日本語に訳さないといけないのか、日本ってほんとにお堅い国ですよね。。。

  • Malaysia は マレーシア国
  • KL は クアラルンプール市
  • Jalan は 〜通り 

この書き方は婚姻証明書などの日本語訳を作る時にも同じ訳し方をします。

まとめ

かなり面倒な作業ですが、日本人がやらないといけない作業です。

婚姻届の記入する内容は一度目をとおしておいて、ある程度はメモなどしておいた方が

いいです。大使館には携帯の持ち込みは出来ないので、わからなくなったら出直しですから。

2013年に提出したときより、少し簡易化されてました。 (省かれた部分がとても複雑だったのでラッキーですよ!)

これで大使館で受理されたら、2〜3ヶ月後に日本の戸籍課に連絡して、戸籍に反映されているか確認しなければなりません。(電話でできます)

これで婚姻手続きは終わりです。 お疲れ様でした!そして、ご結婚おめでとうございます!

タイトルとURLをコピーしました