【マレーシア旅行】マレーシア在住者がアドバイス!必需品と持っていくべき物

旅行

マレーシア旅行に行くとなったら、つぎは荷造り!

マレーシア在住目線で何を持っていくべきかご紹介いたします!

ここでは、貴重品以外の衣服や靴などの当たりまえすぎるアイテムは記載しません。

貴重品・必需品

海外旅行に欠かせない重要度の高い物

パスポート

必ずパスポートの有効期限が6か月以上あることを確認してください。

6か月を過ぎると飛行機に搭乗できず、トボトボ家路につく事になりますよ。

マレーシアは3か月以内の滞在であればビザは不要です。

クレジットカード

こちらも旅の必需品。できれば利用は最小限にするのがオススメですが、ホテルのデポジットに必要。

 たまに、マレーシアで利用できないといわれることがありますので、数種類持ってくることをオススメします。。

そふぃあ
そふぃあ

私の日本のクレジットカードは、「これはデビットカードだから使えないよ」といつも言われます。 何度か聞いてみたのですが、スタッフいわくカード番号がプリントされているのはデビットカードというのです。(ボコボコしているタイプは使えるのか?)

現金

当たり前すぎて書くのもなんですが。。。 

マレーシアはキャッシュレス化が進んでいますので基本的に現金は最小限だけ両替しておいてなるべく使わないようにして、なにかあった時のために財布には入れずに別で持っておくといいですね。 

なにかトラブルに遭っても他人にお金を借りないといけない状況をさけるべく、食費・交通費(マレーシアと日本両方カバーできるだけの金額)を持っておきましょう。

海外対応プリペイドカード

できればあると便利なプリペイドカード。

マレーシアはキャッシュレス決済が広まっています。 タッチ決済もほとんどのところで利用できますので、プリペイドカードであれば使いすぎも防げますし、万が一盗難にあっても被害が最小限に抑えられるのでオススメです。

そふぃあ
そふぃあ

マレーシア在住者の私は普段の買い物にプリペイドカードを利用しています。

どこでも利用できるのでクレジットカードがなくても困りません。

海外旅行保険

勿体ない。。。と入らない人もいるでしょうが、是非入ることをお勧めします。

家族旅行の方はクレジットカード付帯の保険があっても、カード保持者のみ適応されるので家族分は別で必ず入っておきましょう。

カード会社の連絡先などの情報は携帯で写真を撮っておく、プラス書類で2部もっておきましょう。(1部はスーツケース、1部は手荷物)

各種予約の控え・身分証の控え etc…

  • 航空券 e-ticket
  • ホテル 宿泊予約控え
  • ツアー 予約控え
  • 海外旅行保険 控え             各2部、手荷物とスーツケースに分けて持つ
  • パスポートコピー
  • 戸籍謄本、抄本の原本またはコピー(有効期限内の物があれば)
  • パスポート用証明写真2枚

これらをファイルにまとめて持っておきましょう。

手荷物とスーツケースに分けていれておくと、ロストバゲッジしたときや手荷物の紛失した場合などに対応できるからです。

下3つのパスポート関連は、パスポートを紛失・盗難などに遭った場合に必要なものです。万が一のために持っておくとスムーズに物事が進みます。 パスポート紛失で一番やっかいなのが戸籍の入手です。 これが手にはいらないとホテルを延泊したりで費用がかさみますよ!

持ってくるといい物

マレーシアに旅行でくるならあるといいものたち!

パーカーなどの羽織るもの

なるべく薄手ではないものにしましょう。

よく薄手がいいと書いてあるサイトを見ますが、薄手では寒いです。 マレーシアの建物内は極寒と思っていいですよ。

ストールでは寒さをしのげませんし、モスクに行っても半袖など着ていればストールを頭に巻いたところではいれません。 専用のケープを借りて着るのでストールは不要!

日焼け止め・帽子・サングラス

観光で外歩きが多いなら必ず身に着けておきましょう。 

虫よけ

マレーシアでは毎年蚊に刺されることによっておきるデング熱が流行します。

ワクチンも薬もないので、予防は蚊に刺されないようにするのみ。入院しないといけない事態になるので虫よけは必ず使いましょう。

刺されたとき用のかゆみ止めも持ってきておくとGOOD.

折り畳み傘

マレーシアではよくスコールが降ります。 スコールの間カフェで休憩するのもいいですが、すぐ止まない時もあります。 日傘と兼用のものがおすすめ。(マレーシア人も日傘をさしますよ)

トイレグッズ

日本のトイレは世界一きれいです!

マレーシアもホテルやショッピングモールであれば、まだきれいな方です。 でも、使い方が日本人と根本的に違うので、どうしてもキレイには保てないのです。

少し都心を離れれば、衝撃的なトイレがたくさんあります。

特に観光客が行きたそうな屋台がたくさんあるホーカー(KLならジャランアローとか)。美味しいものが安くて最高なのですが、トイレが・・・・ 

気になる人は用意しておきましょう

トイレットペーパーがないところもあるので、常に携帯しておきましょう

ビーチサンダル

ちょっとホテル周辺をぶらぶらするぐらいなら、リゾートでなくてもビーチサンダルでOK.

ホテルのバスルームの床がビチョビチョになるし、ホテルのペラペラなスリッパ履くよりサンダルの方が快適です。

マレーシア産のflippersのサンダルを現地調達するのもオススメ。

常備薬

日本の薬が一番安心です。 鎮痛剤、下剤、酔い止めぐらいは持ってきておいた方がいいでしょう。

もし、現地で鎮痛剤を買うならPANADOLが一般的。病院でも同じものを出されます。

歯ブラシ

高級ホテルにはアメニティーでありますが、最近はECOを意識してリクエストベースのところも増えています。 安宿にはついてないこともあります。 

ブラシ部分も大きいので磨きにくい。 英語があまり話せないから持ってきてと言えない。。。

などの理由で歯ブラシは持参するのがいいでしょう。

エコバッグ

マレーシアではビニール袋は有料です。 スーパーでビニール袋すら用意してないところもあります。 そういったところはスーパーのオリジナルエコバッグを買うか、手で持って帰るか。

お土産としてエコバッグを買うのもいいですけどね。

オシャレなエコバッグでなく、ちょっと安いものの方が現地の買い物してる人に見えて防犯にもなります。

水着

リゾートでなくても、ホテルのプールで楽しむのも旅行の醍醐味。

リゾートなら日焼けも防止できるのでラッシュガードがおすすめ。 

洗濯干し

水着を着たら乾かすのにあると便利。 長期の旅行でもお部屋で下着を洗濯して干すなど便利。

小さな子供がいればすぐ服を汚すので、リゾートでなくても持ってきておくとなにかと便利ですよ。

まとめ

人によって必要かどうかは変わってくるかと思いますが、貴重品・あったらいい物が参考にしていただければなと思います。

タイトルとURLをコピーしました