【マレーシア旅行】すぐに取り入れるべき旅のトラブル回避対策! 

旅行

旅にトラブルは付き物・・・とは言いますが、できれば避けたい。

特に海外で英語が得意なのであればまだしも、あまり話せないとなると対処が大変です。

筆者はマレーシアの某旅行会社に勤務経験があり、残念ながらたくさんのお客様のトラブル解決のお手伝いをした経験があります。

そんな元旅行会社社員の私が、過去のトラブル例とともにカンタンにできるトラブル回避対策をご紹介します!

旅のトラブル回避対策

トラブル回避対策ってなんだか大げさな言い方ですが、ちょっとしたことだったり当たり前過ぎることだったりするのでカンタンに取り入れられます。

スーツケース

スーツケースのトラブルも割とあります。

ロストバゲッジ 

これに関しては航空会社の問題なので、防ぎようはありません。 そのかわり、もし荷物が来なかったときのために手荷物に下着・化粧品など必要最低限のものを入れておきましょう。

たまたま同じようなデザイン・色のスーツケースを使用してた人がいて、間違えて持って行ってしまった 

うそのような本当の出来事。 スーツケースベルト、カバーやネームタグをつける事で防げます。 自分の物がすぐにわかるので荷物レーンでも見つけやすくなります。

カバーだとスーツケースの汚れ・キズ防止、悪質な空港職員による荷物の盗難も防げていいことしかない!

トイレの忘れ物

目的地の空港に到着して、機体から降りてすぐにトイレに行く人が多いです。

その時に、トイレに荷物を置いてそのまま忘れる・・・ 意外と多いのです。空港のトイレでパスポートをなくした人、何人かいました。

トートバッグに貴重品は入れない。 ショルダーバッグやリュックは身につけたままトイレができないので、バッグを変える

ボディバッグなら、着けたままでもトイレはできるしスリなどの被害に遭いにくいのでオススメ!

そふぃあ
そふぃあ

アタシはこのボディバッグ愛用中!

スリ・ひったくり・置き引き

私の遭遇したトラブルNo,1。 実際自分も被害に遭ったことがあります。

  • トートバッグがひったくられる
  • ショルダーバッグからスマホだけ盗られる

場所はKLCCやLOT10などがあるブキビンタンというエリア。 観光客がかならず行くエリアです。

犯行手口は、

  • バイク2人乗りで後ろの人間がカバンを盗ってそのまま逃走
  • レストランで食事中に垂れ下がったショルダーバッグから携帯を盗る
  • 同じくレストランの食事中に椅子などに置いたバッグが盗られる
  • エスカレーターに乗っている時にスリ
  • 無料バスGO KLで複数犯によるスリ

などさまざま。

  • 携帯ストラップを付ける
  • カバンの種類を見直す(ボディバッグがオススメ)
  • 道を歩くときは車道側に荷物を持たない
  • レストランでは荷物は自分の足元に置くか膝の上に置く

カバンにいれる時にカバンの持ち手やベルト部分に絡めておくと盗られずにすみます。

もしもの時の備えを忘れずに

なにかあった時のための事を念頭に、準備しておくことが大事。 帰宅後に「これ、必要なかったな」と思えたら、それは無事何事もなく帰ってこれた証拠です。

多めの現金

いや、現金持ってる方が危ないでしょ!!!

そのとおり。 持ち歩くと危ないのです。 なので、持ち歩かず隠し持っておくのです。

宿泊先まで無事到着したら、必要な金額の現金は両替して残りはスーツケースかセーフティーボックスに入れておきましょう。 

もし、財布を紛失したらそのあとお金どうします? 誰かに借りないといけなくなりますよね。

交通費・食費などカバーできそうな金額だけ(1~2万円ほど?!)封筒などにいれて置いておけばOK。

各種予約の控え

スマホで管理している人がほとんどかとは思います。 ペーパーレスで便利ですからね。

もし、スマホを盗られてしまったらどうします??? 

ホテルのパソコンが使えればなんとかなるかもしれませんが、すぐに使えるパソコンが見つからなければ・・・  

クレジットカード会社の連絡先も控えておきましょう

パスポートコピー

マレーシアではパスポートの携帯が必要です。 警察にパスポート提示を求められたときに提示できなければ勾留される可能性があります。 

紛失してしまわないようにしなければなりませんが、もしものためにコピーを用意しましょう。

もし、パスポートを紛失・盗難にあったら

  1. 警察へ行きポリスレポートを作成してもらう
  2. 日本大使館に行って仮のパスポート帰国用を作成
  3. プトラジャヤという場所にある移民局へ行き滞在証明のスタンプを仮のパスポートに捺してもらう

かなりざっくりとした書き方ですが、なかなか大変な上に仮パスポートの申請代、1~3の場所へ行く交通費、もし土日に紛失したら大使館は休館なのでホテルの延泊が必要になったりかなりの出費が伴います。

最大の難関は戸籍謄本・抄本の入手!

もし、家に発行から6か月以内の戸籍があるのであればコピーでもいいので持ってくるといいです。

身内に頼れる人がいなければ、戸籍取り寄せの委任状を友人などに渡しておきましょう。

日本大使館

はっきり言います。 大使館職員はめちゃくちゃドライで何も助けてくれません。

私なんかよりトラブルに遭ってる方に接しているでしょうが、何もしてくれません。 

大使館職員より、ホテルスタッフの方が助けてくれます。 ぜひ、安いホテルではなく高級ホテルに宿泊するといいです。 日本人スタッフがいるところもありますし、やさしいスタッフがたくさんいます。 高級ホテルに安く泊まれるのもマレーシアの魅力の一つです!

ただ、日本大使館はトラブルの情報はこまめにアップデートし防犯するよう注意喚起はしています。

旅行前に目を通しておくことをお勧めします。 ガイドブックの後ろの方にも注意事項など記載あるので見ておきましょう。

日本大使館のHP 

さいごに

パスポート紛失された方のサポートを何度もしたので、本当にパスポートは大事なんです!!!!

空港内で無くして空港から出れなくなった人もいました。 映画ターミナルみたい・・・

そふぃあ
そふぃあ

私は旅行に行く時は必ず薄手のファイルを用意して、予約など用紙、パスポートコピー、身分証明のコピー、封筒に入れた現金、連絡先、などの用紙をまとめたものを2つ用意してます! 

カンタンにできる事なのでしっかり準備して楽しいマレーシア旅行にしましょう!!

タイトルとURLをコピーしました